一生サイクリングします!

サイクリングと言えばどんなイメージを持たれるでしょうか?
これは人によってバラバラで、お弁当持って一家で公園まで自転車で行くことを指したり、ロードバイクで100km先の彼方まで黙々と走ることを指したり。
震災以降、会社への通勤手段として「ジテツウ」にも注目が集まっていますが、これもサイクリングと言えるでしょう。
そして、共通して持たれる印象として「健康的である」という事が言えると思います。
自動車や電車を使っていた距離を自分の足で、カロリーを消費しながら走るのですから、筋肉が付いて持久力は付くし、肺活量は上がるし、汗をかくので汗腺も発達します。
また、それらを日々の習慣に組み込む事で、「辛い思いをして鍛える」という意識を持つことなく行えます。
さらに、「先週はこの距離で息が上がっていたのに、今日は全然平気だ」とか、「先月は10km走ってバテバテだったけど、今日は30km行けた」など、自分が鍛えられているんだという事が如実に分かります。
まるで、RPGのキャラがだんだん強くなっていくようです。
その気になれば、一生続けられるサイクリングを初めてみませんか?